アーロンチェアの唯一の欠点をなくす「社外品 ヘッドレスト」2ヶ月使用レビュー

下記の記事でアーロンチェアを使用していることは紹介したが、使用4年目にしてついに社外品のヘッドレストを購入したのでレビューしてみたいと思う。

高額な価値はある『アーロンチェア』3年間使用レビュー

スポンサードサーチ

いままでヘッドレストを購入しなかった理由

  1. 純正にないということはなくても完璧なのだという信仰心(笑)
  2. 姿勢は悪いが、椅子に浅く座り、縁に頭をかけてもまあまあ快適だった(笑)

15万円もした椅子だし、ヘッドレストがないのが正解なのだと言い聞かせてきたのです笑。ちょっと姿勢を崩したい時には椅子のこの部分に頭を置けばよいと考えていたのだが、いくつかの理由からヘッドレストを購入する決断をした。

ヘッドレストの購入を決意した理由

  1. 縁に頭を乗せると当然だが、痛い。
  2. なんだかんだ今まで、このデスク環境でまじめなことをする比率が少なかったが、ブログを始めてメリハリをつけたくなったし、デスク環境をより良い状態にするモチベーションが湧いてきた。

普段、バイト先では一日に8時間以上PCを操作することはよくあるが、それはオフィスでの話。今までは自室でPCに長時間向き合うことがなかったが、このようにブログを始めてすこし環境が変わってきた。

以前、下記の記事でご紹介した通り、アーロンチェアに肩甲骨を預けるようにして、フットレストを使ってリクライニングの姿勢を取りながらキーボードに向かうのが至高であることはお伝えした通りだ。しかし、休憩するたびに姿勢を大幅に崩し、椅子の縁に頭を乗せるのは作業効率が悪くなるし、何よりかっこ悪い。

理想の姿勢を追及する。サンワサプライ『フットレスト』使用レビュー

社外品アーロンチェアヘッドレストの比較

ハーマンミラー社はアーロンチェア用のヘッドレストは販売していないので、社外品を検討する必要がある。アマゾンを見てみると数種類のヘッドレストを見つけたので僕がひとつの商品を選ぶときに何を比較したのかご紹介したい。

一番レビュー数が多い商品だったので、即座にこれを注文しようとしてしまった(笑)
しかし、レビューに目を通してみると下記の書き込みが気になったので断念。

  • 可動域が多く調整が大変で、緩い
  • アーロンチェアの質感と合わなすぎる

 

商品ページに下記のような画像が張ってあった。

ちょっと、ヘッドレストの位置高くね、、?
案の定、レビューを見てみると

“多分175㎝以上の身長の方ですと丁度良いのかと思います。”
“身長170cmで一番低い高さにしてやっと肩が当たるだけで頭は当たらない。”

このような書き込みがあったので、こちらも断念。

アマゾンには4つのレビューしかなく、内容も可もなく不可もなくといった具合。
画像を見た感じ、背の高い人用ではなさそうだったが、決定材料に欠ける。

どうしようかと悩みながら、ネットサーフィンをしていたところ、Yahooショッピングで上記商品のページを発見した!
見てみると、レビュー数は80件で、内容も大分良い!ということでこの商品の購入を決断。

スポンサードサーチ

開封レビュー

黒い布袋に製品と部品や取付工具が入っていた。

取扱い説明書に写真付きで丁寧に取付方法が記載してあるので、戸惑うことなく装着することが出来る。実際の取り扱い説明書はすでに捨ててしまったが、上記写真のレンチのみでアーロンチェアに固定することが出来る。とても簡単だった

実際に取り付けてみる

背もたれのレールに沿って、スライドさせて付属のレンチでこのように真下から締めるだけ。とても簡単だ。

アーロンチェア用とはいえ、社外品ということで若干の違和感は覚悟していたのだが、それほど違和感はない。よく見ればメッシュの具合が違うことはわかるが、全く気にならないレベルだ。

スポンサードサーチ

実際に1ヶ月使ってみて

快適の一言である。食わず嫌いをしていた社外品ヘッドレストではあるが、もっと早くに導入しておけばよかった。。
僕がヘッドレストを取り付けたのち、どのような使い方をしているのかお伝えしようと思う。

基本的には、キーボードを打つような作業時はヘッドレストに頭は乗せず、ふとした音楽鑑賞時やドラマ鑑賞時などリラックスするときにはヘッドレストに頭を乗せる、といった使い方をしている。


肩甲骨をアーロンチェアのメッシュに乗せながらのキーボード操作は全くストレスがない。僕の考えるデスクワークのTIPSは後ほど記事にしてみようと考えている


ヘッドレストに頭を乗せた状態。まったくストレスがない。。至高の体勢。。。

まとめ

僕は作業するときはヘッドレストは使わず、リラックスする場合に頭を乗せるというメリハリを利かせている。後ほど記事にもしようと思っているのだが、これは僕が31.5インチの4Kモニターを使っていることにも理由があるのだと思う。作業の際に首を動かす必要があるからだ。

多くの人は、アーロンチェアほどの高級チェアを買ったら、作業も趣味も同じ椅子に座りながら行いたいはずだ。社外品ヘッドレストの中には頭を乗せたくないのに、ヘッドレストが前に出ていて頭が当たってしまうものもあるようだ。この製品は適切な位置設計を行っているようなので、そのようなことはない。アーロンチェアを購入してみたら、まず検討してみてほしい製品である。